読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レモンと本好きな人の記録

レモン味が大好きな人です。毎年期間限定のレモン味の商品のレビューをしていこうかなと思います。

これはもう王道の青春小説です。

「青の数学」

著者 王城夕紀

えっーっと、私、理系出身なのでこういうがっつりとした理系の話?は読みたくなります。しかも作者は以前読んだ人と言うことで購入しました。

主人公は一目見た数字を覚える天才で、数のつながりも見つけるのが得意なんだけど、もうそれすら普通という感じですごい人ばかり。まさに数学バカという感じなんですが、このぐらいすごいとカリカリした感じは無くなるので、面白いです。

で、主人公はネットでの数学の対決をしながら、いろんなことを学んでいきます。

私はこの中では「数学は一人一人違った世界がある」と言うのと、決闘の場所を作った数学者がなぜ作ったのかと言う質問への回答「数学にたった一人で挑んでいるのが 、自分一人ではないと知るため」と言うのがいい言葉やなと。

基本数学者は孤独なんだけど、周りにいるから頑張れるよねと。

私もこのくらいの才能が欲しかったな〜。

 

青の数学 (新潮文庫nex)

青の数学 (新潮文庫nex)

 

 

(2017/04/24読了)