読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レモンと本好きな人の記録

レモン味が大好きな人です。毎年期間限定のレモン味の商品のレビューをしていこうかなと思います。

久しぶりに読んだけど、このシリーズはやっぱ面白いわ。

「NOVA+ バベル」

大森望 責任編集

以前のシリーズも時々読んでましたが、完全新作、読み切りなので読みやすく、作家の作風も知ることができて、お得なシリーズです。

以下、それぞれの短編の感想です。

「戦闘員」宮部みゆき

おじいさんの妄想なのか現実なのか、監視カメラが人を殺すという事実を知り、戦うことを決意するお話。SFと言うよりは私はホラーを感じました。「世にも奇妙な〜」でドラマ化されそうなお話。

「機龍警察 化生」月村了衛

シリーズものの中の一編ですが、見てなくても大丈夫でした。こちらは短くてストーリーだけをさらってる印象。警察内部はホント大変やなぁと。

「ノーパラドクス」藤井太洋

時間遡行をしてもパラドクスはない!(と言うか、並行世界に移るので問題ない)という考えを推し進めたお話。で、殺人事件から大きな話に展開します。アイディアは面白かったです。

ただ、文体は若干慣れず。軽い感じがして、あんまり好みではないかな。

「スペース珊瑚礁」宮内悠介

宇宙時代の金融取り立て・・・何だけど内容はほとんどバカSF。楽しめたらいいじゃんという感じで、ご都合主義やら伏線の回収もざっくりと。嫌いじゃないけどオススメはしないです。

「第五の地平」野崎まど

チンギスハーンが宇宙に進出してて・・・と言うだけでもうバカバカしい。その上宇宙草原やら宇宙馬やらガジェットもバカバカしいです。(褒めてます)

で内容はひも理論の説明とその次元の超越方法ですが、オチまでバカだなぁ。

ここまで突き抜けると清々しくて面白いですね。

「奏で手のヌフレツン」酉島伝法

方々で話題になっている人で初めて読みました。中身は面白いんだけど、造語、世界観が独特でかつ説明はなし。

普通に書いてくれたら面白そうなのに。

 

「バベル」長谷敏司

表題作、イスラム教徒とファストファッション、コンピュータのお話。イスラム圏は縛りが多くて大変だなと思いました。 

「φ」円城塔

最後は円城塔。何と言うかSF何だけど思弁的。実験的な作品です。好きな人は多そう。

 

ちょっと辛口になってしまいましたが、どれも平均以上にはたのしめてるので、このシリーズは次のも読んでみたいですね。

 

 

(2017/04/21読了)