読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レモンと本好きな人の記録

レモン味が大好きな人です。毎年期間限定のレモン味の商品のレビューをしていこうかなと思います。

近くにもまだまだ美味しいパンは潜んでるなぁ(2017-75)

「レモンパイ」
販売会社 近くのパン屋さん

f:id:fujimon76:20170518080308j:image
近所のパン屋さんで購入。見た目は普通のパイ生地にレモンクリームが入っている感じ。食べた食感もサクサクのパイとクリームのバランスが良く、両方の味が楽しめます。クリームの味付けはかなりしっかりとした酸味があり、爽やか。ピールとかは入ってなさそうなので果汁で味付けかな?


レモン度3 オススメ度3


HPなし

 

(2017/05/17)

いや、普通のケーキと思えば美味しんですけどね。(2017-74)

「さわやかレモンのチーズケーキ」
販売会社 丸中製菓

 

f:id:fujimon76:20170515182442j:image


レモンとヨーグルトの乳酸菌が入ってるとのことで袋にもガッチリと買いてあります。
見た目はいわゆるスポンジタイプのチーズケーキ。まあ、この値段ならこんなもんでしょう。
一口食べて見ると、ふわっとしたスポンジにヨーグルトらしき味と甘さがあります。あっさり目で食べやすいです。ただ食べてて気付きましたが、レモン味がほとんどしないです。
ゆっ〜くり噛んで見ると、あれレモンの酸味かな?と思う時もありますが、ほとんどは甘さに負けたのかレモン味はわからず。
厳しいが、これは違うな・・・


レモン度2 オススメ度3


商品HP
http://www.maybelle.co.jp/products/さわやかレモンのヨーグルトケーキ 1個【期間限

 

(2017/05/14)

これでお酒が飲めるわけではないですが、渋めな味わい(2017-73)

「ジャムサンドクラッカー レモン」
販売会社 もへじ

 

f:id:fujimon76:20170515182154j:image


またまたカルディでの見つけた商品。5月に入ってから、怒涛の勢いで出て来て対応しきれません。こちらはジャムサンドという事で練りこんでいるものではなく、間にレモンジャムが挟まれています。食べて見ると硬めのジャムでクリームのように甘くはなく、何というかマーマーレードのような甘さ控えめです。
クラッカーで挟んであるのでお菓子という感じはあまりしないですね。


レモン度3 オススメ度3


商品HP
http://kaldi-online.com/item/4571347774429.html

 

(2017/05/13)

甘さ抜群すぎてレモンが消えてる・・・(2017-72)

「レモンヨーグルトドーナツ」
販売会社 宮田製菓

f:id:fujimon76:20170514224403j:image
見た目はオールドファッションな感じですが、出して見るとふんわりとしてます。袋にはレモンドーナツにヨーグルトシュガーをコーティングとあります。
食べて見ると上のシュガーが予想以上に甘いです。ヨーグルトかどうかわかりませんが、確かに後引く甘さではありませんが。
そして、レモン味はほとんどわからず。生地だけも食べてみましたが爽やかさは感じませんでした。


レモン度2 オススメ度2


商品HP
http://miyataseika.co.jp/product/remon/

 

(2017/05/13)

炭酸苦手なんで30分ぐらい飲むのにかかりました。(2017-71)

「フルーツベバレッジ リモナータ(レモン)」
販売会社 サンペレグリノ

f:id:fujimon76:20170514224029j:image
イタリアレモンが入った炭酸飲料。リモナータと言うだけあって、果汁が16%も入ってるそうです。ただ、強炭酸なのが・・・私は炭酸弱いんですよね。
開けて飲んで見ると炭酸の泡よりもまずレモンの味がぐっと来ました。中々のレモンっぷりです。炭酸は思っていたよりも優し目。このぐらいなら何とかなるかな。
ちと高いけど、これは十分に飲む価値がありますね。ただし330mlは私には多すぎ。1/3ぐらいで良いですね。


レモン度4 オススメ度3


商品HP
https://www.sanpellegrinofruitbeverages.com/jp/jp/limonata-558

 

(2017/05/12)

最後のオチは賛否両論あるみたいやけど、私は良かったと思う。

怨讐星域3 約束の地

著者 梶尾真治 

さて、このシリーズ最終巻です。目的地に着いた世代間宇宙船とそれを迎え撃とうとするニューエデンの人たち。

それぞれの緊迫した状況があり、ついに対面を果たした人たちはどうするのか・・・という話ですが、ちょっと展開が唐突すぎる感じがしました。

まずニューエデンの人たちですが、迎え撃つという思想で統一されて、槍で1人1殺とか言って突き刺す訓練したり、学校の授業が戦闘訓練になったり、何というか戦争中の日本を思わせるようなくらい描写が続きます。また、その主張を強硬に繰り返す首長(怨念に凝り固まっている)の過去の話もありますが、何でそうなったのかは分からず、?マークが頭に浮かびます。

宇宙船側はというと友好的になろうと必死に伝えてるのですが、結局それが宇宙で拾った金属を食べる菌によって宇宙船が瓦解、結局緊急で惑星に降り立つのですが、それまででこの菌の話は全くなく、こちらも唐突すぎてついて行きにくかったです。

まあ、最終話を読むとこういうラストにするならばこれしかないのかなと思うのですが、何だか漫画とかの打ち切りのような印象です。

しかも長い期間を扱ってたので、いろんな繋がりも希薄だったり、伏線っぽいのが回収されてなかったりとアラは沢山あります。

でも出会った時の話とその解決の仕方は何というかこの作者だなという感じで、良かったかなと。

 

 

(2017/5/12読了)

中に隠し味として、ヨーグルトが入ってるとの事。なるほどね。(2017-70)

「艷焼きタルト 瀬戸内レモン」
販売会社 サンラヴィアン

 

f:id:fujimon76:20170511181201j:image


タルトとレモンは高相性なので、期待値高めで購入。中はオーソドックスなタルト生地に柔らかいチーズムース?が入っていて、表面は焦がしたようになってます。
食べて見ると思ったよりもソフトな感じ。でも、中の部分は濃厚なチーズの味がしてかなり美味しいです。
レモン味も濃厚さに負けずにしっかり入っていて酸味がしっかりと感じられます。
なかなかのバランスの良い商品ですね。


レモン度4 オススメ度4


商品HP
http://www.sunlavieen.com/item/detail.html?id=206240

 

(2017/05/10)